血液サラサラにEPA・DHAサプリ!

 

EPAとDHAの効果!

健康な体をキープしていくために必要な栄養素として注目されているのが、EPAとDHAとなっています。EPAとDHAというのは色々な作用があります。

 

例えば、この二つの成分は健康に対して重要なだけではなく、美容に対してもいいといわれています。ですから、健康になりつつ美容も意識していきたいのであれば、普段からEPAやDHAを摂取するようにしたほうがいいのです。

 

EPAとDHAを摂取すると、どうして健康を保つことができるようになるのでしょうか?これはEPAとDHAのさらさらした成分に秘密があります。

 

EPAとDHAはいわゆる不飽和脂肪酸となっています。この不飽和脂肪酸というものは、常温の状態でも固まることなく流れやすいという特性があるのです。

 

飽和脂肪酸の場合は、常温の状態だとドロドロして固まりやすいという特性を持っているため、あまり摂取をしすぎてしまうと健康に悪いとされているのですが、不飽和脂肪酸の場合は固まりにくくなりますので、健康に悪い影響を与えにくいのです。

 

反対に、固まらないことによって、他の栄養素を全身に送りやすくなり、美容にもいい効果をもたらしやすくすることができるようになるとされているのです。

 

EPAとDHAというのは分子の状態もほぼ変わりません。ですが、役割は異なっており、どちらも健康的な体にしていく作用があるのです。

 

EPAもDHAも体で作ることはできません。ですから、毎日EPAとDHAを食事などから取り入れるようにしなくては、量を維持することはできないのです。そのため、普段から食事やサプリメントでEPAとDHAを取り入れるようにする必要があるのです。

 

生活習慣を改め高血圧対策をしよう

 

生活習慣のストレスによって高血圧になってしまうこともあります。ストレスを感じたり緊張してしまうと、心臓の鼓動が激しくなり、血圧が上昇してしまうこともあります。

 

通常であれば一時的に血圧が上昇してしまうのですが、慢性的にストレスを感じていたり、緊張状態が続いてしまっていると、高血圧に発展してしまうこともあるのです。高血圧の対策にはサイトトップにもあるようにDHA・EPAが効果的です。このような有効成分を配合した高血圧に効くサプリを取り入れれば効率よく改善できます。

 

ですから、ストレスが原因で高血圧になっているのであれば、ストレスを軽減させるようにするのが一番望ましいでしょう。しかし、仕事によってストレスを感じている場合、自分一人の努力だけではストレスを軽減させることはとても難しくなってしまいます。

 

ストレスは取り除く

 

ですので、ストレスを少しでも軽減させるために、リラックスできる方法を知っておくといいでしょう。リラックスできる状態にすることができれば、ストレスも軽くしていくことが可能になります。

 

リラックスする

 

そのリラックスできる状態として定番になっているのは、アロマテラピーやマッサージ、入浴でしょう。これらの方法は自宅でのんびり実践できますから、リラックスしやすいメリットがあります。

 

なお、温度差が生じてしまっていても、血圧が上がってしまったりしやすいです。ですので、自宅にいるときは、なるべく家全体の温度差を無くすようにするようにしたほうがいいでしょう。

 

睡眠は長く

 

さらに、便秘や睡眠不足などが高血圧と関係を持っていることもあります。睡眠時間が短かったり、質の悪い睡眠を取ってしまっていると、血圧が高くなりやすくなります。毎日規則正しく、決まった時間に睡眠をしっかりとるようにすれば、血管や心臓にあまり負担をかけないようにすることもできます。

 

便秘はしない

 

便秘になってしまっていると、いきむことによって血圧が高くなりやすくなります。ですから、いきまなくても排便をすることができるように、便秘を改善していくようにすることも大切です。

 

喫煙はやめる

 

さらに喫煙をしているのであれば、禁煙をしていくべきです。喫煙をすることで、血管が収縮され、血圧が上昇しやすくなりますし、生活習慣病を発症しやすくなります。

認知症の予防にイチョウ葉エキスがおすすめ!

認知症にならないように予防をしたいと考えている人も多いと思います。この認知症の予防としてお勧めだとされているのが、イチョウ葉エキスです。

 

日本国内では、イチョウ葉エキスというのは健康食品という位置づけになっているのですが、欧州では認知症やアルツハイマーの予防作用があるとして、薬として用いられてるのです。イチョウ葉エキスを摂るなら国内だとサプリがおすすめです!⇒イチョウ葉エキスのサプリ

 

イチョウ葉エキスを取り入れることによって、血行が良くなり、脳にも十分に血液と一緒に栄養素などが送られるようになります。これによって栄養素や酸素が、脳内にある海馬へと十分に送られるようになり、集中力や記憶力をアップさせやすくすることができるとされています。

 

また、イチョウ葉エキスを摂取することで、脳内に血栓が出来にくくなりますから、多発性脳梗塞型認知症の予防をしやすいとも言われています。

 

認知症をすでに発症してしまった方に、イチョウ葉エキスを服用してもらったところ、記憶力や周囲への注意力も改善されることが期待できるということが分かっています。そのため、ヨーロッパでも日本でも、現在イチョウ葉エキスの研究が活発に行われているのです。

 

どうして、イチョウ葉エキスが認知症の改善や予防に期待ができるのかというと、イチョウ葉エキスに含まれているギンコライドが大きくかかわってきます。

 

ギンコライドを摂取することで、脳にある神経細胞を酸化しにくくしたり、血液の状態をよくするため、脳疾患になりにくくしていくことができるのです。

 

ギンコライドは血行を高めてくれる作用もありますし、血液をサラサラにするため、十分に血液を送ることができるだけではなく、脳血栓を作りにくくします。そのため、認知症に対してだけではなく、くも膜下出血などの予防をしていくことも可能です。

 

ちなみに、このイチョウ葉エキスは、認知症対策に適しているだけではありません。まだ若い人に、イチョウ葉エキスを摂取してもらったところ、脳内のα波をふやして、記憶力を高められたという結果もあります。ですから、受験生や資格の勉強をしているという人にも、イチョウ葉エキスはおすすめになっているのです。

更新履歴

Copyright(c) 2015 血液サラサラにEPA&DHAサプリ!EPA&DHAの教科書 All Rights Reserved.